記事広告ってなに?

記事広告とは

「記事広告」とは、新聞や雑誌、Webなどに掲載される、通常の編集記事の体裁にならった広告のこと。クライアントとタイアップし、媒体社オリジナル企画という名目で制作されるケースが大半で、「タイアップ広告」と呼ばれることもあります。
一見すると通常の記事のように見えるので、「広告は見たくない」と考える読者の抵抗感を抑え、受け入れてもらいやすくなるというメリットがあります。また、これまでに積み上げられてきた媒体の信用を借りながら、第三者目線で記事が構成されるので、情報の信頼度を高めることもできます。純広告に比べて、丁寧に情報を伝え、じっくり読んでもらうことができるので、企業や商品・サービスへのより深い理解を促せることも魅力です。
記事風広告の中でも「記者目線の記事」「(企業トップや著名人への)インタビュー記事」「イベント採録記事」などの幅広いスタイルがあり、目的に応じて最も効果的な表現方法を選択できます。デザインも、限りなく編集記事に近づけたものから、ターゲットの好みや商品の世界観に合わせて仕上げたものまで、実に多様です。

記事広告メリット

  • メリット1広告に対する抵抗感を抑えられる。
  • メリット2情報の信頼度を高められる。
  • メリット3より深く理解してもらえる。

記事広告スタイル

スタイル1記者目線での企業・商品・サービス紹介

新聞や雑誌の記者目線で「注目のトピックス」的に企業・商品・サービスを紹介。「運動器のトラブルが要介護につながっている(→骨の強化に役立つ健康食品)」「エコリフォーム補助金事業スタート(→太陽光発電リフォーム)」「もうすぐバレンタインデー(→新作チョコレート)」といったように、時事・季節のニュースと絡めて読者の関心やニーズを引き出すことができるのも特長です。

スタイル2トップ・担当者インタビュー/対談

企業の代表者や商品・サービスの担当者へのインタビューを実施。企業の理念や歴史、商品の開発秘話などについて自ら語っていただき、読者の理解促進を図ります。著名人との対談により注目度を高めるのも、非常に有効な手法です。企業創立や商品発売の周年の際に、改めて消費者へ想いを伝える場としても活用されています。

スタイル3識者・タレントインタビュー

企業・商品・サービスと親和性の高い識者・タレントにインタビューを行います。更年期女性に適したサプリメントの企画なら、医師にその有用性の裏付けをしてもらったり、冷凍食品の魅力を紹介する企画なら、料理上手として知られるタレントに活用法を教えてもらったり…と、第三者の言葉を借りることで、より説得力のある内容に仕上がります。

スタイル4イベント採録

特定のターゲットに、企業・商品・サービスの特性を深く理解してもらうために重宝されるのが、セミナーやシンポジウムをはじめとするイベントです。そんなイベントの内容を簡潔にまとめた採録記事を制作し、全国の読者へ共有。「深さ」×「広さ」の相乗効果を生みます。

スタイル5純広告との連動

スタイル1〜4のような記事広告は、同じページや近くのページに純広告を掲載して連動させると、より効果的に。健康食品などの広告で薬機法に配慮しなければならない場合は、記事広告部分では商品について触れず、「商品に含まれる成分やその必要性の解説(=記事広告)」「商品紹介(=純広告)」のように役割分担をすることもあります。

このほかにも記事広告には様々なスタイルがあり、大きな可能性が秘められています。各スタイルは一つの企画の中で組み合わせることや、連続シリーズとして展開することも可能です。記事広告の実施を検討されている方は、まずお問い合わせフォームからご相談ください。